お客様の声

成人式の振りそでを染めました

予算があまりないのでレンタルを考えていたところ、花嫁の打掛の下に着る「掛下の処分品を無地染めにして振袖ができる」と提案していただきました。とても上品な無地の振袖が出来上がり大満足! 将来は丈を短くして色無地で長く着られそうです!

顔写真
ドレッセ 藤原

「波に鶴の地紋のどんす地を洗い、朱に染め、背に加賀紋を入れました。」

費用染め・白生地 (掛下)・仕立て・紋入れで130,000円

全体にシミがたくさんできてしまった母の着物。呉服屋さんに相談したら、お金をかけるなら新しいものが買えると言われてしまいました。母の思い出の品なのに‥

大手クリーニング店でも呉服屋さんでも無理と言われた、母ゆずりの訪問着。大好きな柄で、私も着たいと思っていました。しかし長年しまい込んでいた着物はシミだらけに。母も長年開けていなかったので、「こんなにひどいとは…」と驚いていました。特に母乳のシミの箇所はひどくて。軽く引っ張るだけで紙のようにビリッと裂けてしまいました。もう半分諦めていましたが、ドレッセさんが「大変ですがなんとか方法を考えてお見積もりを出しましょう」と言ってくれました。

後日連絡があり、「だいたい10万円前後になる」とのこと。思っていたよりも安かったので即依頼! 仕上がりをみてもうびっくり致しました。シミや裂け目がどこにあったのか分からず、本当に見事としかいいようのない仕上がりでした。

受け継いだ私が今度はお手入れを欠かさず、何かあればドレッセさんにご相談しようと思います!

着物の状態

脇に大きなシミ・胸には母乳のシミ・上前や袖には数カ所の不明なシミ。母乳のシミの箇所は軽く引っ張ると、紙のようにビリッと裂けてしまう

顔写真
ドレッセ 藤原

「解いて洗い張りをし、茶色いシミの箇所はシミ抜きを。薄く残ってしまったところには金彩をほどよくあしらいました。母乳のシミで裂けていたところはシミ抜きができないので当て布で補強し、同じような柄を書き足しました。」

費用解き・洗い張り・しみ抜き・柄足し・金加工・仕立てで98,700円

七歳のお祝着を買うか、レンタルか!?

孫の7歳お祝い着を買うかレンタルにするか迷っていたところ、「着ていない物から作り直すのはいかが」とアドバイス。ふと思い出した私の白い長襦袢は、少し黄ばんで点々と小さなシミができているもの。それでもドレッセさんは「大丈夫」とのこと。驚くことに「好きな色に染めて紋でも入れたら、いい四ツ身になりますよ」とまで教えてくれました。

半衿・はこせこ・しごき・草履・バックなど、他ではあまり見かけない素敵なものを探していただき、可愛いお姫様ができたと感謝しております。

顔写真
ドレッセ 藤原

白い長襦袢は全体的にしみ抜きをして黄色に染め替え。礼装用の白い長襦袢を解いて下洗い。無地の黄色に染めて縫いの一つ紋を長襦袢にも正絹羽二重で作成。背の紋は家紋では硬いので宝袋を色糸で刺繍。中に小さく家紋をいれました。手持ちの赤い羽二重で長襦袢をつくり、帯はお客様のお手持ちで、子供の頃使用していた物を使われたそうです。

費用小物もすべて含めて約170,000円

秋の園遊会へのお招きを受け、真っ先にドレッセさんを思い出しました。きものに関して30年前から良きアドバイザーとして頼りにしております。

 日頃のお手入れだけでなく、娘の成人式でも白生地から染める誂え(あつらえ)を提案してくださり、染め上がりを購入するよりかなり安く、良い物が出来上がりました。

 また、数年前宮中への訪問のときにも、色留袖の相談をしたところ、的確なアドバイスにより染めていただいた物は、本当に上質で上品な出来上がりで、帯・小物にいたるまで、気配りがいきとどき、その場にふさわしい物でした。しかも染作家さんに直に描いていただいたのに、デパートなどでの半額位ですべて出来上がりました。

 いろいろな場で活躍するきものになり、お会いする方皆様に「素敵なお着物ね」と褒められます。大事に着て、娘に渡せるようこれからのメンテナンスもよろしくお願い致します。

顔写真
ドレッセ 藤原

今回の園遊会はお庭で行われるということで、華やかすぎず、地味すぎず…を考えてご提案させていただきました。大名行列を絵羽に織り出した白生地を、好きなピンク系ベージュの裾、濃い色目でぼかし染めにしました。同系色糸でぼかした一ツ紋を入れた無地裾模様の訪問着となりました。帯も揃えさせていただきました。

費用天蚕繭を使用して模様が浮き出るよう織られた逸品の白生地で、伝統工芸師・山本敬治氏の手により染められた物です。価格は公表致しませんが、皆様がお考えよりずっと安くてきっと驚かれることと思います。
現在は派手になってしまった若い頃の羽織を利用して、二部式帯とバックを作成中です。ヨーロッパ訪問に持っていかれるとのこと。各国の方々が民族衣装で出られる場で着用されます。


このページの先頭へ